2019年2月12日火曜日

聖別

秘儀は、人を純化し、神的にしていく。
シュタイナーの語る秘儀とは何か。
ルドルフ・シュタイナーの、
「密儀の光に照らしたプラトン以前の希臘の賢者」を読む。
ヘラクレイトスについては、

 彼の思考は「通れない道」だ。
 聖別されずに、
 彼の思考に近づいたものは、
 暗さと闇しか見出さない、と伝承されている。
 密儀の徒には、太陽より明るい。

「聖別」という神学用語の意味だ。
聖別は、聖職の任命式である主教按手、司祭按手、執事按手で、
聖職者の頭に手を置き、
聖霊を注ぐことによって聖別が行なわれる。
これらの按手は叙階の秘蹟に相当する、とある。

ヘラクレイトスの神々の代理者となって初めて、
彼の思考がほんとうに理解できる。
ヘラクレイトスはアルテミスの神殿で、書いた。
その思考は、秘儀参入者によってしか理解されない。
「通れない道」とはそういう意味だ。

ルドルフ・シュタイナーの
父親は牧師だったが、
この書は、
明らかに聖職者として、
秘儀参入した者を前提としていることを
知っておかねばならない。

秘儀を授かるものは、光を得る。






2019年1月2日水曜日

Luminaus

Luminaus Bodyの修得を、
決めた翌朝、
1月2日未明の、
瞑想から抜けたとき
唐突に訪れたのはオリンとダバンの衝動だった。

 Life
 Beyond
 Cause
 and
 Effect.

たとえば、
「十二因縁」だけを内省するだけで、
ひとは悟りを得ることができるそうだが。
原因と結果の世界を
ひとはやがて去るだろう。
それを、
今生で超えたい。

瞑想で探求するLuminaus Bodyは
その可能性を持つということだ。