2018年8月13日月曜日

明恵

岩間の真言宗波切不動寺へゆく。
華厳と真言密教を止揚した明恵上人が、
最晩年に広めようとした「光明真言護摩」の修法が、
四日連続で行われるからだ。

明恵の書き残した「仏光観次第」のような複雑さはないけれど、
お弟子さん、信者さん数十人とおこなった読誦は、
力強く心地よいものだった。
この春に、光明真言を一万遍読誦した私の目標は「罪障消滅」ではあったが、
みなさまは何だったんだろう。

それにしても「先祖供養」である。
先祖供養がすべてであるかもしれない。
お弟子さんの若い尼さんが言う。
「一ヶ月以内に何か変わっています」。
百倍、という言葉も聞いた。

不動明王の力を感じる。
訪れた翌日はとても元気になる。
信者さんたちの強い思いを、
部外者のような顔をした私でも、
何かを受け取っているからに違いない。

四天王寺の三面大黒天様もおいでになった。
わたくしの事務所と同じ。
これも縁。
導きの。

松下幸之介には
3千人の先祖がついていたそうだが。
そんな話も聞ける。













紫の炎


「レムリアの叡智」には、
第7光線(聖書にも出てくる)の持つ、
罪障消滅効果が詳細に記されていたので、
わたしもひそかに始めている。

紫色の炎を視覚化した瞑想を、朝晩続けることで、
過去と現在の、
罪障の業のエネルギーが、
浄化され、次第に変容、変換していくらしい。

最後にはアセンション(次元上昇)にいたる。
チャネリングしたアダマという存在は、
前世紀(20世紀)には数千人が死後、アセンションを遂げたことを伝えている。
疑うことなく、死ぬまで、続けていた人たちだ。

空海の「阿字観」と目指す先は、同じだ。
一方は五次元。一方は菩薩の境地。
紫色の炎は、カルマを解消する。
人生のさまざまな状況を癒すのだ。

知るひとは続けるがよいのだ。
輪廻転生を知らずに、罪を犯し続けるひとがいる。
輪廻転生を知り、天国を目指すひとがいる。
輪廻転生を超えていく努力を、いくたの聖人と同じようにするべきだ。