2018年6月3日日曜日

偶 々

   偶 々
いちびこと いふとほき名が 皿のうへ
菴没羅果(あむらか)の みづ過剰なる くがねゐろ
てごめても 天津甕星(あまつみかぼし) 淸光りぬ
枯野(かれぬ)への 路は是とせぬ 是とはせぬ
月と水銀(ぎん) 蒼き韻ぬち 三郎跳ぶ
甕星の 風たくはへて 華の柄
あじさゐや うすぎぬ群れて 天聖所
六月望 しりうす光を 集めし杜
星の黄金(きん) 集む錬金術師の 六月光
てぃんくとぅらは 飲む六月の ひかりかな
あおる(光)あお るむぽたびいれ(飲む光) おるふぇうす
三枝祇なる ぺるしややしろ 青嵐
土星くふ すもものももの いろのなか
かみつれの 花の硫黄の 磁力より
 










0 件のコメント:

コメントを投稿