2018年6月10日日曜日

ヘルメスの呪文



ライトボディ覚醒化の瞑想を繰り返しているのだが、
朝は深く、入ってゆける。
瞑想は技術だ。
アズライト、あるいは、
ステラビームカルサイトの結晶を握りつつ。

古代の書はすべて神的だ。
「グノーシスの変容」(岩波書店)は、
神を目指す営み、つまりは宗教的行為であふれる。
いくつかのヘルメス文書の断片が収められていて、
ヘルメスの呪文のひとつらしきが、
記されているのを知った。

「第八のものと第九のものに関する講話」の
祈り・賛美・幻視の項。
祈りの言葉だが、
五つの母音の連なりをはさむようにある

 Ζωξαθαζω(ゾークサタゾー)
 ζωζαζωθ(ゾーザゾート)

大貫隆によると、
ヘレニズム末期の地中海世界に広まっていた、
魔術文書の中に出る名 ζω θαξαθαζ (ゾータクサタズ)とよく似ているそうだ。
神名だろうか。

α,ε,η,ι,ο,υ,ωの七母音は、
七惑星を意味していて、

Ζωξαθαζω
α
ωω εε
ωωω ηηη
ωωωω ιιιι
ωωωωω οοοοο
ωωωωωω υυυυυυ
ωωωωωωω
ωωωωωωωω
ζωζαζωθ.

最後のω8個は、
七惑星よりも強い強調表現で、
七惑星を超える「八つのもの」を表すというのだが。
七惑星は七つの場所。
八つ目の場所は、
天使とともに賛美歌を歌う場所、だとはあるのだが。
祈りの、中の言葉ではあるのだが、
求めているものは、
明らかに現世利益ではない。

 あらゆる気まぐれを捨て去ったとき、
 幻視(テオリア)が起きた。

この意味を、いずれ理解できるときが来るだろう。










0 件のコメント:

コメントを投稿