2018年5月29日火曜日



「ゲーテ・シュタイナー的自然観察法」で、丹羽敏雄は言う。

 植物の観察をひとつの会話のようにすること。
 できるだけ、先入観をもたず、
 対象の中に入り込み、
 対象とひとつになろうとすること。

対象とひとつになるための概念が、
人智学で用いられるエーテルやアストラルという体であり、
熱、空気、水、地の4つのエレメント、
硫黄、塩、水銀の3つのプロセス。
言い換えると、
これらのイマージュで、植物を観る作業だ。

この概念をよく練れば
対象の流れや力とひとつになれる。
植物の生成する力は、
人間の「想像力」にも働いているから。

植物は、天と地をつなぐ。

 花の香りは、
 植物のエーテルと、
 宇宙のアストラルが出合うときに、
 放たれる。

馥りによって、
植物のエーテル力と、
宇宙のアストラル諸力との、
それぞれの花固有の
関係の質の違いを、
知ることができそうなのだ。
前提を変えると、
植物と接することの認識が、
少し変わる。
 
エーテルをなすエーテル界は、
古くから叡智界とも呼ばれ、
この地上であるところの、月下界より
上位にあるより精妙な世界であることを
断らねばならぬが。

さて本日は満月。
昨日そして今朝と、
雨が降った。
満月のアストラルな力が、
土の中に注がれ、
植物は一気に生育が高まる。
ルドルフ・シュタイナーは
「農業講座」で言っている。

鞍馬山によれば、
五月の満月の夜は、
天界と地上との通路が開いて、
あなたの願いがかなう、
年に一度の夜だ。










0 件のコメント:

コメントを投稿