2018年5月25日金曜日

直毘

日の入り


罪と穢れは、自己を損なうのだが、
罪と穢れを、否が応でも意識するとき、が来る。
ある朝突然な、自覚に至るのだ。
突然の自覚は、神的な働きであって、
直毘、
大神直毘、の出現である。

直毘は、
本来の自己を恢復するための努力であり、作用。
その最大の努力は、大直毘と呼ぶ。
大直毘のちからを
自ら出さねばならぬ。

そうすれば、同時に、
内側から沸き起こる、
見えない力である、
「神直毘」の加護が生まれる。

大祓詞からすると、
罪穢れのことわりを理解して、
穢れを代償する「祓え物」を出し、
誠意を表に示して、
「太祝詞事」という祖の神の、神言を、受け入れて、
口も、身も、意も、慎んで、
清く、正しく、許し、むつまじく生きねばと。

そうして祓いは、
意思と信念による、直毘の努力で、
ある日の、天照大御神の出現によって、
成就する。









0 件のコメント:

コメントを投稿