2017年7月30日日曜日

与謝野晶子のアニミズム

槿

佐竹寿彦「みだれ髪研究」(1958)を読み、
「明星」の与謝野晶子の歌集「みだれ髪」はアニミズムにあふれていることを知る。
耽美派としてより以前、
京都に育った与謝野晶子のなかに濃密に流れる、アニミズムだ。
それを調べるのも楽しい。
与謝野晶子のアニミズムは、「神」「姫」などと書かれる。
あらゆる事物に、それをつかさどる神を見る。

 紫に もみうらにほふ みだれ函を かくしわずらふ 宵の春の神

春の宵をつかさどる神が詠われる。

 今はゆかむ さらばと云ひし 夜の神の 御裾さはりて わが髪ぬれぬ

夜の神が去り行く未明の気配を詠う。

 秋の神の 御衣より曳く 白き虹 ものおもふ子の 額に消へぬ

秋の神が白い虹を立たせている。
 
 雲ぞ青き 來し夏姫が 朝の髪 うつくしきかな 水に流るる

与謝野晶子の造語「夏姫」という。佐保姫と同義だ。

京都の女子に、
不意に現れてくるアニミズムを知れば、
歌というものはつくづくと、日本的だ。
現代短歌の世界では容易に語られないのは、
陳腐と捉えられるのを嫌がるからだろうが、
与謝野晶子のアニミズムによって、江戸から明治の、
暮らしの中にあった、言葉の中にあった、
神々のリアリティを感じることができる。













0 件のコメント:

コメントを投稿