2017年6月29日木曜日

周 縁


sage
引き続き、今橋映子を読む。
「パリ写真の世紀」(白水社)の中のウジェーヌ・アジェというパリの写真家について。
詩人=屑屋、という視点に驚く。正しいかもしれない。
「古きパリ」を取り続けたアジェの、撮り続けた本当の理由を垣間見る。
いくつか抜き出してみる。

 周縁的人間。
 屑屋(シフォニエ)。
 浮浪者(クロシャール)。
 パリという都市を撮る写真家が惹きつけられてきた事実を確認する。
 それら周縁のひとびとの、市民社会からの神話的意味を浮かび上がらせる。

 「ボヘミアン」「屑屋」「浮浪者」など貧しきものをめぐる物語が神格化してゆく。
 世を忍ぶ哲学者として、表象されていく。

 市民社会が無意識下へと抑圧排除したドエッペルゲンガー。(赤坂憲雄)

 詩人たちは、社会の屑を街頭に見つけ、その屑にヒロイックな題材を見る。

 詩人=屑屋を継承したのは、ヲルター・ベンヤミンだった。

 ベンヤミンは、時間軸に沿った歴史の進化的過程を拒否し、
 歴史の周縁にある屑、ボロを収集し、モンタージュし、過去を覚醒させる。

 スーザン・ソンダクは、ベンヤミンそのものが写真家の活動の昇華した形、と書く。

 パリ写真家の中に見えるシュルレアリスム。
 それは、名所旧跡のトポグラフィーを転覆させ、
 街路の細部、断片など歴史の屑を拾い上げるかれらのしぐさこそ、
 詩人=屑屋を、正統に継承するものである。

 市民社会の外部にあって、街路の神秘を吊り上げる周縁者の姿、
 それはつまり、彼らパリ写真家のセルフポートレイトにほかならなかった。

 写真家とその消費者がたどるのは、
 アジェの撮った、見落とされがちな美だ。
 安普請の乗り物、飾り窓、がらくた、はんぱもの、廃屋。
 
 つまり、屑拾いの足跡を探るのである。
 ボードレールのような近代詩人の象徴に使ったものだった。
 
周縁へ追いやられることによって、次第に育っていった「過去」かもしれない。










0 件のコメント:

コメントを投稿