2016年12月30日金曜日

語彙



岡井隆の「現代短歌入門-危機歌学の試み」(1974)を読む。
第三章「語彙と模倣」は、作句の方法として、興味深い内容だった。
岡井隆が叫ぶように書いている。

 語彙を拡げよ。
 月のうちの何日かをそれに労せよ。
 今は黙って、読み漁り、聞き耳を立て、
 頭へ、ノートへ、単語や短句の山を築くこと。

重要なのは、日常語の習慣的な世界を、
語彙の側面で超える作業が必要だということだ。
非日常語を叩き込んで、臨戦できる準備をつくること。
加えれば、文語訳聖書を座右せよ。
そのことが何をもたらすかと言えば、

 その短句や語が、
 ある連想または思想を媒介として結び付けられ、 
 句となり、文となり、歌となる。
 この過程に絶対的に信頼を置いた作歌法もある。

その作歌法とは、
拾い集めた短句を、意識的に、
七五調に整えて、併記する。
それらの断片を、
個人の主題のもとに、統合させる。
こうしたブキッシュな方法が、
マラルメを模したような言葉の錬金術となり、
新鮮な歌が出来上がる。
再構成であるものの、
作者ならではの「連結法」が、個性を生むという。

岡井隆はこの手法は最後まで残るはずだと言っている。














0 件のコメント:

コメントを投稿