2016年12月10日土曜日

吉屋信子の俳句


かつての毎日新聞夕刊が好きだった。
文芸と美術には看板記者がいて、長い批評を書き、読み応えがあった。
やがて、短い年月だったが、同新聞社の末端で編集の仕事をした。
看板記者のデスク、それに夕暮れの皇居のお堀をよく眺めた。

ときどき、作家がエッセイを長めに書くこともあり、それも楽しみだった。
川本三郎が一度、吉屋信子の、独特の少女の世界について書いた。
読後の余韻をよく覚えている。
「吉屋信子句集」(東京美術 昭和49)を読んだ。

 金塊のごとくバタあり冷蔵庫

屈託のない句に微笑む。
吉屋信子の少女世界が、句にもよくあらわれているようだった。
久保田万太郎の

 パンにバタたっぷりつけて春おしむ

をすぐに思い出した。

読めばすぐにわかるが、快活な、子どものような都会詠だ。
文人との交流が深く、温かいものを感じる。 
鎌倉に住んで、虚子や星野立子と交流したほか、
銀座のいとう句会などへ出かけていく様子もわかる。
高濱虚子とのやりとりが笑わせてくれる。

 虚子 「時として平凡陳腐で箸にも棒にもかからぬやうな句が出来るのであるが」
 吉屋 「はい、それが目下の。私の句でございます」
 虚子 「それがたまたま或る物にふれると、忽ち才気煥発して立派な句になる」
 吉屋 「なかなか煥発いたしません」

中村汀女や滝井考作の序文もふるっているし、
いくつもあるなかで高木晴子の吉屋への追悼句が、
吉屋の幸福な文学の人生を、尽くしたように感じた。
女流文人の幸せだった作句生活がこの句集にある。
なくなるまで、少女俳句、だったのかもしれない。










0 件のコメント:

コメントを投稿