2016年11月7日月曜日

偶 々






銀の嶺 主役はひとに 非ざれり
形(あらは)れて 發(あらは)し象(かたど)る 冬の暁 ……空海より
もみじなす なつはぜ山斎(しま)の 夕明かり
冬北斗 妙見山は 沙金散らす
瞠(めひら)けば 震(ふ)る寒星の 觸(ふ)らばへり
夥し 冬の櫻に 顕(た)つ宿生木(ほよぎ)……ヤドリギの呪力に就いて
壱節(のつと) 冬の汽船は 死の如く
風立ちぬ 顕ちぬが正し いにしへの
美しき ナチ軍服の來る 冬曇……ナチ軍服の魔力に就いて
詩人こそ 信州の冬に 觸れねばならぬ








                                   (那須にて)




0 件のコメント:

コメントを投稿