2016年11月30日水曜日

異人としての俳人


俳句をつくるときの気分を翻るとき、
そこにあるのは「解脱的寂滅的調和」の感情だと、俳人の大須賀乙字が言う。
次のように書いている。

 作句においては、情趣を瞑想し、
 その情趣を呼ぶ重要な概念を探りつつ按排する。
 精神活動がほとんど無意識の飽和状態に入る瞬間、
 つまり自己と外物との関係をわすれたるとき、
 われらはもっとも審美感情を得ることができる。
 静的な審美的な俳句形式が生まれたのは、
 芭蕉そのほかの遁逃者の手によってもっぱら、
 発達を遂げたのは偶然ではない。

句ができあがるとき、巧拙はあれ、一種の観照状態にある。
さらに、その観照状態を生むための努力をしている「遁逃者」たちによって発達した。
乙字の指摘は受け入れなければならない。
同じような記述を小澤實の「俳句のはじまる場所」(角川選書)に見いだす。

 江戸期の俳人はなすべきことがあった。
 笠をかぶって行脚しなければならなかった。
 中世の隠者の流れを引いているのである。
 士農工商の社会の外に出て、異人として生きねばならなかった。
 そのような生き方をしているからこそ見えるものがある。
                       「写生とは何か」

通常の社会の外側にいることは苦しいことだから、
よい意味で書かれているわけではないのは自明だが、
「遮断」が作品を作れるということは、経験で多くの人は理解している。
このような自覚をもって、健全な社会生活を続けなければならない。
そうしなければ、ならない。
そうしなければ、井月のように野たれ死ぬ。

在学期間は重なっていないが、大学の先輩の小澤の論は、評価されている。
その理由はいくつかあるだろうが、博士課程を満期で終え、
日本文学について、正確で豊富な知識、を持っていることが歓迎されている文学者だからだろう。
短兵急な俳句作家だけにとどまらないところにあるのだ。
小澤の俳論については改めて書く。











0 件のコメント:

コメントを投稿