2016年11月12日土曜日

偶 々



偶 々

天狼や千年魄は滅びずと
百済野を見霽かしたり金砂神
冬顕ちぬ不空羂索観音菩薩(ふくふけんさくかんのんぼさつ)白玉の
ゆふぐれはさゐさゐとして冬顕ちぬ
輾調は幸せな結末寒昂
昏き海を傳ふる深く鯨吼へ
山國の團栗でかしでかしかな
冬ざるる千早振る神聲を聽け    …「金砂軍記」発掘で
ちはやぶる金砂神が山眠らず
天狼や頼朝の斷念知りゐたる
日吉権現靉(あい)たるる日の冬霞
迂闊なる抒情遮へぐる銀の嶺
白障子に微熱傳染(うつ)して水仙花
美しきナチ軍服が來る冬曇  …ナチスのデザインは否定できないと
瞠(めひら)けば震る寒星の觸らる程
抒情とは迂闊なるかな銀の嶺
千年の諦念凍る散木奇歌集
和音を探してゐるんだ落ち葉のうへで
                                                                      (県民の森にて)










0 件のコメント:

コメントを投稿