2015年9月8日火曜日

俳句大学掲載エッセイ「鬼貫、万太郎、そして龍雨」

 図説俳句大歳時記」(角川書店)に鬼貫の句を見つけて、万太郎とそっくりだ、と素朴に感じた。 

   秋風の 吹きわたりけり 人の顔   鬼貫 (明和5・鬼貫句集)
   あきかぜの ふきぬけゆくや 人の中 万太郎(昭和5、草の丈)

 二つの句を比べてみると、「野径で遊ぶ」という詞書がある上島鬼貫の江戸俳諧は、潁原退蔵が昭和11年ごろに、、鬼貫の名句のひとつ、としている(「名句評釈」)。少し諧謔がある野の風景だ。一方の万太郎の句のイメージは、銀座の通りの中の寂しさだ。映像で頻繁に用いられているほど元型的だ。

 実際のところ、そっくりだ、というのが唯一の事実だ。万太郎が鬼貫をどの程度知っていたかはわからないけれど、「古句十句」という短文もあるから、古俳諧には親しんでいた。鬼貫を発展解消させて生まれたかのような万太郎の句はやはり、ここちよい名句だ。

 私は増田龍雨の直筆短冊を大量に入手したので、その縁を生かそうと、龍雨そのひとと作品を調べているところだが、年少の万太郎が師であり、雪中庵宗匠十四世を継いで途絶えた年長の龍雨が弟子という関係だった。「増田龍雨句集」序(昭和5)で、万太郎は次のように書き、祝った。

 ……白状すれば、わたしは、屡々龍雨君をわたしの作の中につかつてゐる。
 普通に読むと、芝居の登場人物としてモデルにした、という意味になるが、句のモデルにもしたし、龍雨の句をいただいたこともある、という意味にも取れる。万太郎は、龍雨に濃厚だった江戸のにおいを評価していた(このあたりは、加藤郁乎がくわしい)。当時、万太郎自身がが龍雨の句を楽しんだ、とあっけらかんと書くぐらいなんだから、当節の、まねるだのぬすむだの著作権侵害だの騒ぎ立てるものではないのかもしれない。

 先人の句を手本として眺めたときに、そのバリエーションがあとからあとから沸いてくるのを、書き留めるのはとてもたのしいものであるし、万太郎の名句は、鬼貫の一句を目にして、自分のセンスの中で、置換せざるをえなかったのかもしれないバリエーション、と思うことにした。

0 件のコメント:

コメントを投稿