2015年8月25日火曜日

栗駒の佐竹氏3

 秋田久保田藩佐竹氏にとって、湯沢の南東、けわしい栗駒山系をこえた栗駒に、20軒もの佐竹一族が永らえていることは、謎のひとつである。いくつかの論があって、確定的なことはなにもない。しかし、江原忠昭「中世東国大名常陸国佐竹氏」(昭和45)によると、次のような記述があり、愕然とした。それは栗駒の佐竹氏2に継ぐ展開だったのだ。

 …佐竹秀義を総領とした佐竹一族は、奥州征伐戦では、常陸国守護職八田知家に属し、名誉回復を計って軍功があった。のちの「佐竹義篤譲状」には、『代々、相伝御下知……嫡男……永代所令譲与也』とされた所領のうち、陸奥国中野村、同小堤村、佐渡南方、江名村、絹谷村があり、これがこのときの恩賞功労と見られる。もちろんもっとも大きな恩賞は、常陸奥七郡がそっくり返されたことである。…

 中野村とは、栗駒中野のことではなかろうか。このあと、佐竹秀義は美濃国にも所領を得ており、その後、美濃佐竹氏となった。もちろん家紋は同じである。鎌倉初頭に、常陸国から一族、一門が移り住んで、永らえてきたということではなかろうか。したがって、私自身は秋田佐竹氏よりはるか400年前に、常陸国を離れた一族だったかもしれない。
 さらに資料を読み込んで、接点を見つけよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿