2018年7月16日月曜日

因縁

「十二因縁」を、
静観するだけで、
ひとつの俯瞰意識を得ることができる。
それほど強力な観念だ。

「倶舎論」にある。
因果の法則を明らかにできたとき、
因果の法則への無知が、
無知による行いが、
苦悩の原因だった、とある日、理解したとするならば。

そのとたんに苦悩が消え、
苦悩の根源の無明、も消える。
輪廻がなくなる。
そう書いてあるなら、
救いがある。

無明は、心の制御がされなていない状態を指すのだろう。
無管理の状態を指している。
自分の心が、
因果の法則を冒涜しているなら
すべての悪が起こりやすい。
無明のままに、どれほど無駄に生きてきたか。
どれほどの罪障を積み上げてきたか。

ただ空海は、「秘蔵宝鑰」の中で、
それを滅することができる方法を示す。

 法を聞くこと。
 正念を起こすこと。
 心一境性(心をひとつに集中する禅定)。
 毘鉢舎那。
 不来智(みずから悟る智慧。根本智)。
 如来智(ほかを利益する智慧)。
 無生の理を観察する。
 具足行。
 尽智と無生智。
 真諦の理を覚悟する。

これらが因となり縁となり、
悪しき因縁を消滅する。
よくわからぬ。

翻って、
無明は、不正思惟から起こる。
不正思惟が因となり、
無明が縁となる。
無明が因となって、
行が縁となる。
すなわち、
煩悩が因となって、
業が縁となる。
これはわかる。

空海が言う。

 如来は、
 一切の静慮、解脱、等持、等至。
 つまりは心の静けさ安定を徹底することで、
 正起の因縁を、
 煩悩を、滅した。

ライトボディ覚醒のちの
「周波数」や「ルミナスボディ」の瞑想は、
ここでいう「静けさ」を得た段階かもしれない。









2018年7月5日木曜日

修行

燕が窓の外を、座しているわたしとほぼ同じ高さに、飛んでいく。
加藤精一訳による空海「秘蔵宝鑰」を読む。
加藤精一は読みやすい。
というよりも、思索が膨らむ、というか。

千二百年前の、
空海の、修行のための方法論である。
そのひとの進化に応じて、
十の階層に分け、
より高い意識へいたるための、
修行の方法が、書かれている、と受けてもよい。
あくまで空海独自の修行は最終十住に示されるのではあるが。
そうして、「高い意識」の階層を細かに描写する。
おそるべき書物ではあるのだ。

現実の世界はせいぜい第3住ぐらいまで。
わたしたちの悩みが起こっている場所なのだ。
井筒俊彦のいうように、
空海の言語、空海の見ていた世界は、次元が異なる。

ひとの進化の違いというものは、
ずいぶんあるものだ。
曼荼羅は進化の違いを、
しらしめる象徴でもある。
登場する修行、
仏教霊性上昇へのアクションの名を、羅列してみる。

ひとびとが目の前の利益だけを考えて、
因果の理法をしらないところから始まる。
第七住以降は、理解を超える。
次元をひどく超えていく。

「五戒と十善」
「六斎日に施す」
「空三昧」
「三学」
「中道」
「天を供養」
「天を選んで信授」
「空の了知」
「三蔵を学ぶ」
「四諦の観察」
「三十七菩提分法」
「二百五十か条の戒律」
「四念処」
「八背捨」
「布薩」
「夏安居」
「浄語」
「生空三昧」
「神通力」
「等持」
「五停心観」
「数息観」
「不浄観」
「四念処観」
「二百五十戒で八難離れる」
「唯蘊無我の理解」
「生滅の観察」
「断見常見の排除」
「極観察智」
「声聞の三昧」
「名号を唱える」
「一字の真言を讃ずる」
「経典の読誦、仏像礼拝」
「経典の誦持」
「如来の教えをおこなう」
「仏法帰依」
「六度の行」
「悪を断ずる」
「断悪修善」
「善を修する」
「出家させる功徳」
「十二因縁を観ずる」
「無言の生活----縁覚」
「因果を観察」
「他円大乗心」
「二空」
「三性の教え」
「四摂法」
「四無量心」
「阿陀那識の思惟」
「資糧位の三種の練磨心」
「四弘誓願」
「加行位の心一境性」「心の専従」
「唯識に熟練する」
「通達位」
「修習位の八正道」
「同事」
「六神通」
「転識得智」
「六波羅蜜の修習」
「煩悩障と所知障を断ち切る」
「六度万行」
「八不」
「瑜祇行」
「戯論を断つ」
「一切如来の行」
「鼻の先で月輪を想像する」
「オン字を観想する」
「一切如来一体速疾力三昧」
「百字輪」
「十二字」
「金剛界三十七尊」
「四智印の三摩地」
「極秘密三昧」
「甚秘密瑜祇の観」
「日輪観月輪観」
そうして
「阿字観」
「五相成身観」
「三摩地法」
「金剛界と胎蔵法の秘蔵」へと。

具体的な修行はいかに。
それはどうしたら実践できるだろう。










2018年6月22日金曜日

偶 々

青の睡蓮

半夏生 翻へりたり 白雨中
暗闇を 桔梗の青 截りゐたる
六通を 知れば葉の蔭 夏の眸
爆ぜたるは 夏の青黄 秀の焔 
翡翠の 翡翠のゐろの 夏來たり
青嵐 かたちをうちに 蔵(をさ)むれば
蕗刈の 風とみゐずと つちのゐろ
泉なる そらにひろごる 葉風哉
布留布留と 夏至たまゆらる 高き庭
楡嵐 うく白衣(しらぎぬ)に 瞑るなく
夏至は昏れ とわいすぼうん とわいすぼうん
文(あや)のこゑ  夏至の名残りの むらさきの
水壜に みづ深くして 百合腐す
やまの靈気(うる) 宿して濡れて ゐるうるい
天神地祇 依る淸らにも 麻衣










2018年6月20日水曜日

DaBen


DaBenは10年以上も前に、
ルミナスのエネルギーを見せ始めた。
光度の高い身体のエネルギーと
卵形体は、
私の人生と意識のすべてのレベルに、
影響を与えたが、
ルミナス体に持ち上げることは、
まったく新しい理解につながるように感じる。

行うことで、
光の次元への扉が開かれ、
そこには進化した輝く存在があった。
人生の目的、
そして私の関係に対する意識の、新たな展望と視点をもたらした。

ルミナス体の教えていることは、ライトボディを超えた拡張だ。
人間の意識の最先端にあり、
地上のひとびとの本質についての洞察を贈る。
構築するとき、
より簡単に人生を変える。
意識のレベルからの操作だからだ。

より多くの光にあなたの意識を向け直し、
大地の縛る意識と思考の形によって、もはや抑えられない
空のうえに到達する。
意識が拡大するにつれて、
状況を絶えずアップグレードし、改善できる。
より大きな平和と調和をもたらし、
健康、身体、身体の健康に変化をもたらす。

DaBenは、
より精密でより広範なエネルギーへの扉を開く。
参加すると、
これらのエネルギーを最初に体験し、
地球に持ち込むことになる。

これらのエネルギーを体験するときに、
独自の「高調波」を追加し、
他の人がこれらの広大で軽いエネルギーを
より簡単に体験できるようにする。

本質的に神であるところの、
輝く意識にアクセスし、
多くの祝福、
多くの機会、
新しい認識をもたらすようになる。

これらのエネルギーを最初に体験し、
光る身体のエネルギーと
光の領域への扉を開けること。
その報いは大きい。

ルミナス体の意識のレベルと
経験に終止符はない。
すべての意識の拡大は、
認識、洞察、理解、
そして生き方を変えることになる。
より高い意識に移行するたびに、
人生はより良くなり、より充実するだろう。

ガイド、
そして多くの輝く存在、がルミナス体を開く。
DaBenと多くの非常に高度に進化したルミナス体。
これらの存在が
「蓄光意識」の高い状態を理解し、
維持し、
維持するのを助ける。
協力するだろう。

新しい方法で思考を体験するだろう。
真実を示しているものを知り、
照明をもたらし、
すぐに感情を認識し、
世界の限られた見方を示すだろう。

光で意識を広げる新しい方法なのだ。
明るい領域で意識を持つためには、
新しい方法で光を使って、
遊ぶ方法を学び、
その意識を元に戻して
日常生活に多くの光を加えることができる。

この光は、どのような行動を取るかという、
直面している状況についての明快さ、
周りの人々に関連する新しい方法を
より確かなものにする。

広大で絶妙に美しい発光領域を 体験し、
この光るエネルギーを日常生活にもたらす
新しい感覚システムの開発だとも言える。

DaBenは、広大な、美しい輝く領域をナビゲートする。
そこでの存在を満たし、
存在を発展させる、
より洗練された感覚システム。
発光体を開発する方法。
より洗練された美しい光のエネルギーを知る方法だ。
このスキルを使用すると、
より洗練された美しいエネルギーを
日常生活に引き付けて
体験することができる。

アイデンティティと自己の感覚が広がる。
ルミナス体を探索すると、
自分が誰であり、
地球上で何ができるか、を大きく広げる。

自分自身の信頼感が増し、
それぞれの瞬間に必要なものを
創造する能力を身につける。
指導力はより明確になり、
人生において何が起きているのかについて、
自身の認識、解釈、理解の正確さを
より信頼するようになる。

光の世界を探索するとき、
広大な意識、広がり、
そして制限されていない感覚を体験する。

これは、日常生活に戻って、
制限、広々とした感覚、過去の添付ファイル、パターン、
判断および態度からの自由を失うことになります。
認識は変わり、
精神的なビジョンは拡大し、
輝く体を発見するにつれ、
より高い意識を維持して生きることになるだろう。

周囲のエネルギーを調和する。
内なるわれ、外なるわれの不均衡の解消。
意識の拡大。
高次の存在との強いコネクション。
高次の存在からの方向付けと持続。
ルミナスそのものから得るエネルギー。
ダベンからのサポート。
これがルミナスの特徴だ。

                    (拙訳)








2018年6月14日木曜日

武甕槌大神


武士の守護神としての鹿島神宮についてだ。
茨城県立歴史館内部資料の
「茨城県中世史年表」(1968)の、
記述を拾うだけでも、
源頼朝が頻りに、
神威を畏れていたことが分かる。
「吾妻鏡」だけでも次の通りに。

1181年 頼朝、神領を寄せ奉る。 
1183年 同じく。
1184年 鹿島社に怪異あり。
1184年 頼朝、下総権守為久に正観音を画かしむ。
1184年 頼朝、鹿島社領に乱行を禁ず。
1187年 頼朝、常陸鹿島社の供米を多賀以下七郡に課す。
1191年 常陸鹿島社鳴動す。頼朝神馬を献じて之を謝す。

頼朝が幕府を立つ10年前から、だ。
頼朝の強い意思を感じないか。
さまざまな神仏への祈りはあったのだが。
武甕槌大神が、
幕府成立と密接にかかわったとは言える。
やがて、
吾妻鏡から、
頼朝自身と神宮のかかわりの記述が、
次第に消えていく。
その意味は。










2018年6月10日日曜日

ヘルメスの呪文



ライトボディ覚醒化の瞑想を繰り返しているのだが、
朝は深く、入ってゆける。
瞑想は技術だ。
アズライト、あるいは、
ステラビームカルサイトの結晶を握りつつ。

古代の書はすべて神的だ。
「グノーシスの変容」(岩波書店)は、
神を目指す営み、つまりは宗教的行為であふれる。
いくつかのヘルメス文書の断片が収められていて、
ヘルメスの呪文のひとつらしきが、
記されているのを知った。

「第八のものと第九のものに関する講話」の
祈り・賛美・幻視の項。
祈りの言葉だが、
五つの母音の連なりをはさむようにある

 Ζωξαθαζω(ゾークサタゾー)
 ζωζαζωθ(ゾーザゾート)

大貫隆によると、
ヘレニズム末期の地中海世界に広まっていた、
魔術文書の中に出る名 ζω θαξαθαζ (ゾータクサタズ)とよく似ているそうだ。
神名だろうか。

α,ε,η,ι,ο,υ,ωの七母音は、
七惑星を意味していて、

Ζωξαθαζω
α
ωω εε
ωωω ηηη
ωωωω ιιιι
ωωωωω οοοοο
ωωωωωω υυυυυυ
ωωωωωωω
ωωωωωωωω
ζωζαζωθ.

最後のω8個は、
七惑星よりも強い強調表現で、
七惑星を超える「八つのもの」を表すというのだが。
七惑星は七つの場所。
八つ目の場所は、
天使とともに賛美歌を歌う場所、だとはあるのだが。
祈りの、中の言葉ではあるのだが、
求めているものは、
明らかに現世利益ではない。

 あらゆる気まぐれを捨て去ったとき、
 幻視(テオリア)が起きた。

この意味を、いずれ理解できるときが来るだろう。










2018年6月3日日曜日

偶 々

   偶 々
いちびこと いふとほき名が 皿のうへ
菴没羅果(あむらか)の みづ過剰なる くがねゐろ
てごめても 天津甕星(あまつみかぼし) 淸光りぬ
枯野(かれぬ)への 路は是とせぬ 是とはせぬ
月と水銀(ぎん) 蒼き韻ぬち 三郎跳ぶ
甕星の 風たくはへて 華の柄
あじさゐや うすぎぬ群れて 天聖所
六月望 しりうす光を 集めし杜
星の黄金(きん) 集む錬金術師の 六月光
てぃんくとぅらは 飲む六月の ひかりかな
あおる(光)あお るむぽたびいれ(飲む光) おるふぇうす
三枝祇なる ぺるしややしろ 青嵐
土星くふ すもものももの いろのなか
かみつれの 花の硫黄の 磁力より