2018年6月14日木曜日

武甕槌大神


武士の守護神としての鹿島神宮についてだ。
茨城県立歴史館内部資料の
「茨城県中世史年表」(1968)の、
記述を拾うだけでも、
源頼朝が頻りに、
神威を畏れていたことが分かる。
「吾妻鏡」だけでも次の通りに。

1181年 頼朝、神領を寄せ奉る。 
1183年 同じく。
1184年 鹿島社に怪異あり。
1184年 頼朝、下総権守為久に正観音を画かしむ。
1184年 頼朝、鹿島社領に乱行を禁ず。
1187年 頼朝、常陸鹿島社の供米を多賀以下七郡に課す。
1191年 常陸鹿島社鳴動す。頼朝神馬を献じて之を謝す。

頼朝が幕府を立つ10年前から、だ。
頼朝の強い意思を感じないか。
さまざまな神仏への祈りはあったのだが。
武甕槌大神が、
幕府成立と密接にかかわったとは言える。
やがて、
吾妻鏡から、
頼朝自身と神宮のかかわりの記述が、
次第に消えていく。
その意味は。










2018年6月10日日曜日

ヘルメスの呪文



ライトボディ覚醒化の瞑想を繰り返しているのだが、
朝は深く、入ってゆける。
瞑想は技術だ。
アズライト、あるいは、
ステラビームカルサイトの結晶を握りつつ。

古代の書はすべて神的だ。
「グノーシスの変容」(岩波書店)は、
神を目指す営み、つまりは宗教的行為であふれる。
いくつかのヘルメス文書の断片が収められていて、
ヘルメスの呪文のひとつらしきが、
記されているのを知った。

「第八のものと第九のものに関する講話」の
祈り・賛美・幻視の項。
祈りの言葉だが、
五つの母音の連なりをはさむようにある

 Ζωξαθαζω(ゾークサタゾー)
 ζωζαζωθ(ゾーザゾート)

大貫隆によると、
ヘレニズム末期の地中海世界に広まっていた、
魔術文書の中に出る名 ζω θαξαθαζ (ゾータクサタズ)とよく似ているそうだ。
神名だろうか。

α,ε,η,ι,ο,υ,ωの七母音は、
七惑星を意味していて、

Ζωξαθαζω
α
ωω εε
ωωω ηηη
ωωωω ιιιι
ωωωωω οοοοο
ωωωωωω υυυυυυ
ωωωωωωω
ωωωωωωωω
ζωζαζωθ.

最後のω8個は、
七惑星よりも強い強調表現で、
七惑星を超える「八つのもの」を表すというのだが。
七惑星は七つの場所。
八つ目の場所は、
天使とともに賛美歌を歌う場所、だとはあるのだが。
祈りの、中の言葉ではあるのだが、
求めているものは、
明らかに現世利益ではない。

 あらゆる気まぐれを捨て去ったとき、
 幻視(テオリア)が起きた。

この意味を、いずれ理解できるときが来るだろう。










2018年6月3日日曜日

偶 々

   偶 々
いちびこと いふとほき名が 皿のうへ
菴没羅果(あむらか)の みづ過剰なる くがねゐろ
てごめても 天津甕星(あまつみかぼし) 淸光りぬ
枯野(かれぬ)への 路は是とせぬ 是とはせぬ
月と水銀(ぎん) 蒼き韻ぬち 三郎跳ぶ
甕星の 風たくはへて 華の柄
あじさゐや うすぎぬ群れて 天聖所


 ※いちびこ…苺の古名、菴没羅果…マンゴーの森鴎外訳語、天津甕星…金星、月と水銀…荒木経維撮影の勅使河原三郎舞踊写真集、










2018年6月2日土曜日



加波山の、
西方を向く山麓には、
およそ八百柱の神々が祀られていて、
中心に、星の神、天御中主神がおわしている。
記紀以前よりの古い神々が、
此処に、おわす。

「日本書紀」で、天御中主神が
一書に曰く、とあるは
先住したひとびとの伝承ではこのようにある、
という意味だ。
その書の通りに、
加波山はその神々を祀り続ける。
加波山には、
だから、
北極星信仰、
北斗七星信仰、
が隠れている。

天津甕星は、
時々怪光を顕して、
高天原を惑わす悪神、とされているのだが、
甕という字には、
聖なるものが隠れている。
鹿島神宮の神名は、武甕槌。
平田篤胤は甕星は金星、と書いた。
太陽のかたわらで輝く、小さい炎の意味だ。
日立の阿武隈山系最南の、
大甕山の大甕神社の、その名はなぜ。

加波山、
鹿島神宮、
大甕山の、
トライアングルを俯瞰しよう。
天津甕星の居場所、をどこかに感じないか。












2018年5月29日火曜日



「ゲーテ・シュタイナー的自然観察法」で、丹羽敏雄は言う。

 植物の観察をひとつの会話のようにすること。
 できるだけ、先入観をもたず、
 対象の中に入り込み、
 対象とひとつになろうとすること。

対象とひとつになるための概念が、
人智学で用いられるエーテルやアストラルという体であり、
熱、空気、水、地の4つのエレメント、
硫黄、塩、水銀の3つのプロセス。
言い換えると、
これらのイマージュで、植物を観る作業だ。

この概念をよく練れば
対象の流れや力とひとつになれる。
植物の生成する力は、
人間の「想像力」にも働いているから。

植物は、天と地をつなぐ。

 花の香りは、
 植物のエーテルと、
 宇宙のアストラルが出合うときに、
 放たれる。

馥りによって、
植物のエーテル力と、
宇宙のアストラル諸力との、
それぞれの花固有の
関係の質の違いを、
知ることができそうなのだ。
前提を変えると、
植物と接することの認識が、
少し変わる。
 
エーテルをなすエーテル界は、
古くから叡智界とも呼ばれ、
この地上であるところの、月下界より
上位にあるより精妙な世界であることを
断らねばならぬが。

さて本日は満月。
昨日そして今朝と、
雨が降った。
満月のアストラルな力が、
土の中に注がれ、
植物は一気に生育が高まる。
ルドルフ・シュタイナーは
「農業講座」で言っている。

鞍馬山によれば、
五月の満月の夜は、
天界と地上との通路が開いて、
あなたの願いがかなう、
年に一度の夜だ。










2018年5月27日日曜日

界隈





五月最後の日曜日に。

長い間、
神々と連絡している、
つながっている感覚、
を求めてきたのであって、
それが失われたときは、
いつも、動揺した。
だが、
これまでにない、
緊密なむすびかためを得ている今、
そうではない。

臨在していると
確かに。








2018年5月25日金曜日

直毘

日の入り


罪と穢れは、自己を損なうのだが、
罪と穢れを、否が応でも意識するとき、が来る。
ある朝突然な、自覚に至るのだ。
突然の自覚は、神的な働きであって、
直毘、
大神直毘、の出現である。

直毘は、
本来の自己を恢復するための努力であり、作用。
その最大の努力は、大直毘と呼ぶ。
大直毘のちからを
自ら出さねばならぬ。

そうすれば、同時に、
内側から沸き起こる、
見えない力である、
「神直毘」の加護が生まれる。

大祓詞からすると、
罪穢れのことわりを理解して、
穢れを代償する「祓え物」を出し、
誠意を表に示して、
「太祝詞事」という祖の神の、神言を、受け入れて、
口も、身も、意も、慎んで、
清く、正しく、許し、むつまじく生きねばと。

そうして祓いは、
意思と信念による、直毘の努力で、
ある日の、天照大御神の出現によって、
成就する。